映画『サルベージ・マイス』激アツレビュー

映画『サルベージ・マイス』がかなり面白かったので、思わずサイトを作るくらい激アツな作品です。

『ハイキック・ガール』と『KG』などを手がけた西冬彦氏が携わった作品で、今作はアクションシーンが抑えめ。

そしてとても楽しく拝見しました。いろんな実験をされたであろう努力が垣間見れる作品で思わずため息モノでした。

谷村美月さん演じる怪盗らしからぬ純粋な女の子と じゅりあさん演じる、広島弁全開の切れのある女子高校生がとにかく可愛いんです!

この作品、見逃せませんよ~。

映画『サルベージ・マイス』

サルベージ・マイス』は、2011年製作の日本映画。谷村美月演じる怪盗を主人公とした、田﨑竜太監督によるアクション映画である。10月22日に広島先行公開。2012年3月24日から新宿バルト9を皮切りに全国順次公開。

広島オールロケによる痛快世直しエンターテイメントと銘打ち、「平成仮面ライダー」シリーズで知られる田﨑竜太監督がメガホンを取った。田﨑監督にとっては通算10作目の劇場用作品にして、『sh15uya』以来通算2作目の完全オリジナル作品である。『牙狼-GARO-』、『ケータイ捜査官7』の田口恵が脚本、『黒帯 KURO-OBI』、『ハイキック・ガール!』、『KG カラテガール』の西冬彦がプロデューサー兼アクション監督を担当した。

主演は、これがアクション初挑戦となる谷村美月。かつて不当に奪われた美術品を救い出し本来の場所に戻すことを目的とした窃盗を繰り返すサルベージ・マイス役を演じる。自警団を率いて得意の空手を駆使して広島の治安を守ることに情熱を燃やす美緒役を、オーディションで600人余りの中から選出された現役女子高生空手家である長野じゅりあが演じて、映画デビュー。

広島ホームテレビが映画・ドラマの製作に関わるのは『西部警察PART-II』以来30年ぶりで、T・ジョイ東広島、広島バルト11、T・ジョイ博多の3劇場にて、世界初と銘打った生中継予告編が独占公開されたことも話題になった。

キャッチコピー

正義、盗らせていただきます。

ストーリー

広島をこよなく愛する女子高生の美緒(長野じゅりあ)は自警団「広島クリーンズ」団長として、広島市街のゴミ拾い等のボランティアを行っている。時には得意の空手を駆使して、街を荒らすチンピラ共を撃退することもあった。ここ最近、高額の美術品窃盗事件が頻繁に起こっていた。持ち前の広島愛と熱い正義感から窃盗事件を解決しようと行動を起こす美緒の前に、ミステリアスな女性・真唯(谷村美月)が現れる。半ば強引に広島案内を頼まれた美緒は、真唯を色々な場所に連れて行く。そうする内2人の間に次第に友情が芽生えて行くが、実は真唯こそが美緒が追っていた指名手配中の“怪盗”マイスであった。

マイスはかつてマリク(佐藤祐基)とのコンビで「サルベージ・マイス」として、理不尽に奪われた美術品を奪い返し本来の持ち主の元に戻す活動をしていた。だが欲に溺れたマリクに裏切られた上、“怪盗”として指名手配されてしまうハメに。マイスを裏切ったマリクは、米国人のネイサン率いる窃盗グループと手を組み、彼等と共に美術品窃盗を繰り返していた。

そのマイス、美緒、マリク等窃盗グループが、宝「燕雀の壷」を巡って広島ホームテレビの社屋内で三つ巴の大立ち回りを繰り広げる。

キャスト

スタッフ

エピソード

主要ロケ地

関連情報